少しでも効果があれば長く使ってみる

ヘアサイクルを整えていく

育毛剤は、少しでも効果があれば長く使ってみることも大事です。育毛効果が表れるのは早い人でも3か月、遅い人では6か月ほどかかります。変化が小さいからといって、途中でやめてしまうのは勿体ないことです。育毛剤を使い始めてから1か月は、ヘアサイクルを整えるための初期脱毛が発生します。初期脱毛は悪いことではなく、髪の毛が生まれ変わるために必要な現象です。抜け毛が増えると不安も大きいですが、ヘアサイクルの改善効果が出ていると前向きに捉えてみて下さい。頭皮にかゆみや腫れが出たときは、育毛剤の使用を一旦控えておきましょう。効果の強い育毛剤は副作用も大きいため、頭皮の異常が続く場合は早めに皮膚科を受診して下さい。

生活習慣を改善していく

育毛剤を長く使っていくなら、生活習慣の改善にもチャレンジしてみましょう。頭皮環境を良くするには、睡眠時間の確保や規則正しい食生活も必要です。頭皮状態が安定していれば、育毛剤の効果も発揮しやすくなります。生活習慣が乱れていると、育毛剤の効果もなかなか表れません。喫煙は頭皮の血行悪化、飲酒は毛根の栄養不足につながりやすいので、過度な喫煙や飲酒は避けておきましょう。午後10時から午前2時の間は、髪の毛が成長しやすい時間帯なのでしっかり睡眠をとっておいて下さい。運動不足だと自律神経の働きが乱れ、頭皮の血行も悪くなってしまいます。激しい運動をする必要はなく、散歩など体を動かす時間を増やすだけで大丈夫です。